フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」

 

“対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”

 

 こんにちは、結利晴信ゆうりはるのぶです! 本コーナーでは 「ストーリーと世界観を持った空想カスタムを製作してみよう」をコンセプトに、一作品の企画から完成までを解説していきます。
 今回は「対ゾンビ最終処置用カスタムハンドガン」をコンセプトに作例を作っていく後編です。もはや抗ウイルス薬も効かない末期のゾンビ感染者を、安全確実に「最終処置」するための専用拳銃。そんなイメージを実際に形にしていきます!

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・前編」はこちら

 

ドットサイトマウントの製作(1)

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
デザイン画を元に透明型紙を切り出します。その型紙を今度は2mm厚のABS板にあててケガき、電動工具かPカッターで切り出します

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
内側の三角っぽい穴は先に3カ所の穴をドリルで開けて、赤ライン部分を切って穴と穴を繋げます。まだ途中段階ですが、これを使って一旦グリップの製作に移ります

 

グリップパネルの加工

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
グリップパネルには大きめのバイオハザードマークシールを貼る予定なので、その部分を削り込みます。シール現物を切って当て、その周りをセロハンテープでマスキング

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
マスキングの内側を削っていきます。リューターなどの電動工具が断然効率的です。なければ紙ヤスリなどで根気よく頑張りましょう…

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
仕上げは#400くらいの紙ヤスリで表面を整えて完成!

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
次に、先に切り出したマウントの脚を装着する部分を削り取ります。削る深さは約2mm

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
上から10mmくらいの装着部分の周囲をセロハンテープでマスキングして、大きめの平ヤスリで慎重に削っていきます

 

ドットサイトマウントの製作(2)

 

 先に脚部分を製作したマウントですが、続いて天面を作っていきます。

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
東京マルイのマイクロプロサイト底面にクリアファイルの切れ端を乗せてケガいた透明型紙(ネジ穴位置も忘れずに!)を使って3mm厚のABS板を切り出します

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
グリップパネルに脚を仮装着した状態で計測。天面とは現物合わせで調整します

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
脚を合わせる部分(赤部分)に印をつけて電動工具かPカッターで切り出します

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
仮組みしたマウントをグリップに取り付け、両面テープで固定。そのままマウント脚&グリップ(中のウエイトメタル)ごと直径2.7~2.8mmの穴を開けてM3ネジをねじ込んでネジ穴にします

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
あとは合わせ部分を瞬間接着剤でしっかり接着して表面を仕上げればマウントパーツの完成です

 

塗装&シール貼り

 

 今回使用するスプレー塗料はこちら。

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”

 

  • アサヒペン「メタルプライマー」
  • 染めQテクノロジー「ミッチャクロン マルチ」
  • ガンショップ・インディ「ブラックパーカー」
  • GSIクレオス「Mr.サーフェイサー1000」
  • アサヒペン「蛍光塗料スプレー グリーン」
  • キャロムショット「ジルコニアクリスタル」
  • GSIクレオス「Mr.スーパークリアーつや消し」

 

 以上を用意しました。

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
順調に作業を進めて…のはずが、なんと蛍光グリーンの塗膜が思った以上に弱く、ちょっとつついただけですぐ抉れて傷になってしまうことが発覚!!

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
そこで、キャロムショットのジルコニアクリスタル&Mr.スーパークリアー つや消しの重ね塗りコートを追加。これで元々の色・質感とほぼ一緒で表面はカッチカチに

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
最後にシール貼りを仕上げて加工パーツがすべて揃いました。慎重に組み立てていきましょう

 

完成!

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
やはり目を引くのはフレームやグリップ周りの鮮やかなグリーンのカラーリング

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
サプレッサーのジョイント部。この部分の製作過程は前編でくわしく解説してます

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”
ドットサイトマウントの装着に伴いスライドが引きづらくなるため、スライド後端にコッキングサポートリブ(突起)を追加しました

 

フィクションの銃を作る「FTFZ・後編」  “対ゾンビ最終処置用カスタム~Final Treatment for Zombie~”

 

 というわけで「FTFZ(Final Treatment for Zombie)」完成です。噛みつこうとするゾンビの頭部にスパイクを押し当て、ゾンビ・ディスタンス(対ゾンビ安全距離)を保ちつつ確実に仕留める拳銃。こんな風に明確なコンセプトと結び付けて製作すると、工夫次第でとても存在感のあるオンリーワンなカスタムガンを作ることができます。もしお家に使わずに眠っているエアソフトガンがあれば、ちょっと想像力を広げてあなただけの「空想銃」を作ってみてはいかがでしょう?(*´ω`)

 

 本作品はYuriCustom WorksのHPでもストーリー設定付きで詳しく紹介しています。よろしければご覧ください。

 

作例製作・文:結利晴信/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.100~103より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事