カリフォルニアの法執行機関の制式装備だったリボルバー「共栄通商×タナカ スミス&ウェッソンM68 C.H.P. 6インチ Ver.3ガスガン」

 

C.カリフォルニアH.ハイウェイP.パトロールの制式装備だった銃

 

 1960~1980年代の名銃、いわゆるネオクラシックガンは世代を問わず人気があり、定番中の定番といえる。特にリボルバーは様々な映画やアニメで登場し、世代を超えて愛され続けている。

 今回紹介するのは共栄通商×タナカのガスガン「スミス&ウェッソンM68 C.H.P. 6インチ Ver.3ガスガン」だ。

 


 

共栄通商×タナカ

スミス&ウェッソンM68 C.H.P. 6インチ Ver.3ガスガン

 

 

DATA

  • 全長:288mm
  • 全高:145mm
  • 全幅:36mm
  • 重量:720g
  • 装弾数:13発
  • 価格:¥30,580(限定生産品)
  • お問い合わせ先:共栄通商

 

 カリフォルニアハイウェイパトロール(C.H.P.、CHiPs)を舞台としたアメリカのTVドラマ『白バイ野郎ジョン&パンチ』(1977~1983)は日本でも1979年から放送され、大人気となった。そのC.H.P.の制式装備品だったのがS&W M67の4インチまたはM68。中でもM68はC.H.P.の要請によって開発されたモデルで、M19のステンレス版M66がベースとなっていて、当時まだなかった6インチバレルを装備。しかもシリンダーは当時のCHPの「人道的見地から.357マグナムを使用しない」という方針に沿って、.38スペシャル仕様となっている。タナカは共栄通商とのコラボにより、このM68 C.H.P.の初年度1977年モデルをペガサス式ガスガンで再現した。

 

バレル右側には.357マグナムではなく.38スペシャルの刻印が入れられている

 

S&Wのモノグラムは当時の仕様で、大きめのものがサイドプレートに入れられている

 

フレーム左に「CHP」の刻印。民間に払い下げられる時には「OHB」とオーバースタンプされたという

 

フレームのヨークが収まる部分にはシリアルナンバーとモデルナンバー。Mod.66を68にオーバースタンプされている

 

 レッドランプフロントサイト、ホワイトラインなしのブラックリアサイト、フレーム左のCHP刻印、ヨーク部分のシリアルナンバーとモデルナンバー「66」を「68」と打ち替えたオーバースタンプといった仕様。ダミーのカートリッジリムもあえてWCC77という専用刻印に変更。内部メカは気温に左右されにくいVer.3仕様となっている。

 

TEXT:アームズマガジン編集部

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2022年3月号 P.49をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事

×
×