その他

2022/07/12

猛暑の屋外作業も涼しく快適に!「東神電気 クールワーカー」

 

暑さに立ち向かう人たちに

 

 例年猛暑が続く日本の夏。できることならエアコンの効いた部屋から一歩も出たくないものだが、そうも言っていられないのが日々仕事や学業に追われる日本人のつらいトコロ。しかし、そんな真夏の熱気に焼かれながら戦う戦士たちにうってつけのクールなアイテムが存在するのをご存じだろうか。その名は「クールワーカー」。酷暑に爽やかな清涼感をもたらす救世主の正体に迫る!!

 

東神電気 クールワーカー

 


 

ヒンヤリが90分持続! 効果てきめんの業務用冷感剤

 

 早くも猛暑日が連続している今年の夏も日々の業務はいつも通りこなさなくてはならない。それは冷房の効いた室内作業だけでは収まるわけもなく、炎天下での重労働も否応なしにやってくる…。

 

東神電気 クールワーカー
真夏の太陽は容赦なく照りつける。そんな屋外での作業は辛い。手軽に涼しくなりたい!

 

 そんな若手を優しく、時に厳しく見守る毛野ブースカがナイスなアイテムを手にやってきた!

 

東神電気 クールワーカー
ブースカ「テレレテッテテー! 東神電気のクールワーカー!(なぜかネコ型ロボット風)」

 

東神電気 クールワーカー
若手「あ、師匠! なんスか、それ?」「クールワーカー?」
ブースカ「そうだ、こうすりゃ涼しいだろー!」※正しい使い方ではありません

 

茶番はここまで。本当にスゴい「クールワーカー」とは!?

 

 …はい、というわけでここからはクールワーカーの特徴について解説しよう。
 クールワーカーとは、配電設備機器などの製造販売を行なう東神電気(株)が発売している冷感剤だ。服や帽子、靴下など直接肌に触れるものにシュッとスプレーするだけでヒンヤリ感を味わうことができる。暑さが厳しい真夏でも毎日、電気インフラの維持構築に携わってくれている現場作業員のことを考えて作られた製品なのである。

 

東神電気 クールワーカー
例えば帽子にシュッとスプレーするだけでヒンヤリ感が味わえる

 

東神電気 クールワーカー
シャツの内側にスプレーすれば夏の気になる汗臭対策もバッチリ! しかも、柿タンニンを配合することで消臭効果も実現

 

東神電気 クールワーカー
配合された成分が気化する際の気化熱と、メントールが感覚神経を刺激する冷感作用の2つの効果で最強のヒンヤリ感を実現する

 

東神電気 クールワーカー
さらに、気化するスピードをコントロールすることで冷感効果を長時間持続! その効果はなんと最長90分!(注:使用する環境によります)

 

東神電気 クールワーカー
若手「ええっ! 90分も!?」「これはスゴいっ!!」

 

東神電気 クールワーカー
この夏はクールワーカーで乗り切ろう!!

 

用途・お好みで選べる便利な3タイプになって登場!

 

クールワーカー 無香料

 従来モデルの無香料スプレータイプ。柿タンニン配合で汗臭対策もバッチリだ。

 

東神電気 クールワーカー
・内容量:950ml ・主成分:エタノール、メントール、メントール誘導体、抗菌剤、 柿タンニン ・香り:無香料 ・価格:¥3,850

 

クールワーカーmini メンタンジオール配合

 お出かけにも持っていきやすい180mlのボトルに入ったミニサイズ。さらに通常のクールワーカーの効果に加え、メンタンジオールの効果で防虫作用も実現! キャンプなどのレジャーはもちろん、屋外でのサバゲーにももってこいだ!!

 

東神電気 クールワーカー
・内容量:180ml ・主成分:エタノール、メントール、メントール誘導体、抗菌剤、柿タンニン、メンタンジオール ・香り:無香料 ・価格:¥2,200 ・つめかえ:¥3,860(950ml) ※7月中旬発売予定

 

クールワーカー ロングボディシート

 「クールワーカー ロングボティシート」は待望のシートタイプのクールワーカー。厚手で丈夫な大判サイズのボディシートで全身隈なく拭き取ってリフレッシュできるぞ! 詰め替え用もラインアップ。

 

東神電気 クールワーカー
・サイズ:15cm × 50cm ・内容量:150枚(1,600mL) ・主成分:水、エタノール、BG、メントール、ハッカ油、ヒアルロン酸Na、イソステアリン酸 PEG-25グリセリル、EDTANa、ベンザルコニウムクロリド、フェノキシエタノール、メチルパラベン ・価格:¥4,950 ・つめかえ:¥3,630(150枚入り) ※クールワーカー スプレータイプとは成分及び性能が異なります

 

 

TEXT:ポスカ/アームズマガジンウェブ編集部
出演:毛野ブースカ、珈琲
協力:東神電気

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2022年8月号 P.210をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事