【発売日決定】東京マルイ「次世代電動ガン URG-I 11.5インチ BLACK」

 

ついに発売日決定!!

 

 11.5インチバレルに10.5インチのガイズリーオートマチックSMR Mk16 M-LOKハンドガードが組み合わされたアッパーハンドガード、URG-Iを組み合わせた最新の「ブロック3」仕様を再現する東京マルイの次世代電動ガンURG-I 11.5インチSOPMOD BLOCK3にブラックモデルが加わる。

 その発売日が公開されたので、今回はそのスペックをまとめて紹介しよう。

 

 


 

東京マルイ

次世代電動ガン

URG-I 11.5インチ SOPMOD BLOCK3

ブラック

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

DATA

  • 全長:750mm/825mm(ストック伸長時)
  • 全高:220mm
  • 全幅:69mm
  • 重量:3,150g(空マガジン、バッテリー含む)
  • 装弾数:82発
  • 価格:¥76,780
  • 発売日:2022年11月10日(木)
  • お問い合わせ先:東京マルイ

 

注目ポイント

 

  • アメリカ軍特殊部隊仕様のURG-Iをオールブラックに
  • ハンドガードはもちろんストック、フロントサイト、チャージングハンドルもブラック仕上げ

  • マルチカムブラックなどの装備に合わせやすい

 

 前作はアメリカ軍特殊部隊グリーンベレーなどに採用されている実銃をイメージしたカラーリングだったのに対して、ブラックモデルはハンドガードはもちろんストック、フロントサイト、チャージングハンドルもブラック仕上げとなっている。オールブラックは特殊部隊では採用されていないが、ガイズリーオートマチックのSMRハンドガードは軍・法執行機関の特殊部隊で広く採用されており、そういった意味では様々な特殊部隊装備とマッチングしやすいのかもしれない。その他の特徴は前作から継承し、アメリカ軍特殊部隊風のライフルを楽しむことができる。

 ブラックカラーになったことで装備の選択肢が増えただけではなく、11.5インチバレル+10.5インチハンドガードの組み合わせにより取り回しやすさとアクセサリー類のセットアップのしやすさを両立させたアサルトライフルとして理想的なパッケージングとなっている。サバゲー用メインウェポンとしてお薦めの1挺だ。

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
11.5インチミッドレングスバレル(ガバメントバレル)にはシュアファイア4プロングタイプ(通称SF4P)フラッシュハイダーが装着されている

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
10.5インチサイズのガイズリータイプSMR(スーパー・モジュラー・レール)MK16 M-LOKハンドガードは短すぎず長すぎない絶妙なサイズだ

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
ベースガンはコルト刻印のSOPMOD M4。シュート&リコイルエンジン、全弾撃つと作動が停止するオートストップ機能を搭載

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
KACタイプのフリップアップフロントサイトもブラック仕上げとなった

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
URG-Iの特徴のひとつであるアンビタイプの「DDCエアボーンタイプ」チャージングハンドル(通称ACH)もブラック仕上げとなった

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
ブラック仕上げになったマグプルSTRタイプのストック。長さは6段階に調整できる

 

 より詳しいレポートは月刊アームズマガジン2022年10月号に掲載されているので、気になった方はそちらも併せてご確認いただければ幸いだ。

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事