戦後日本の防衛を支え続けたレジェンドライフルを再現「G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン」

 

国内で開発された戦後初の自動小銃

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン

 

 自衛隊の制式小銃が89式5.56mm小銃から20式5.56mm小銃へと移行しつつある中、自衛隊初の制式小銃である64式7.62mm小銃は、航空自衛隊で使われているものの誕生から60年近くが経過しており、いよいよその任務を全うしつつある。

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン

 

 第二次世界大戦後、アメリカ軍から供与されたM1ガーランドに代わる小銃として1964年に制式採用された64式7.62mm小銃は、NATO標準弾薬の7.62mm×51弾を使用し、ガス圧作動方式、旧ソ連のSKSカービンやベルギーのFN FALと同じティルトボルト式の閉鎖方式を採用していた。折り畳み式の前後サイトや、引き上げて切り替える方式のセレクターレバー、折り畳み式のバイポッドを標準装備するなど他国の自動小銃にはないユニークな特徴が備わっていた。

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン
レシーバー左側後部にある刻印。桜のマークに銃名、豊和工業のマーク、さらに製造年月は1980年8月となっている

 

自衛隊の制式小銃が電子制御システム搭載の電動ガンに

 

 G&Gアーマメントはこの64式7.62mm小銃を電動ガンで再現。数少ない実銃の資料を元にディテールや刻印を再現。ダイキャスト製レシーバーやスチールプレス製ハンドガード、木製のストックやグリップ、バイポットや前後サイト、ボルト、引き上げて切り替えるセレクターレバーは実銃同様に可動できる。同社は他社に先駆けて量産品に電子トリガーやMOSFETを標準装備してきた。このモデルではさらに一歩進んで専用コントローラーによって各種設定ができる電子制御システムを搭載。バッテリー保護機能、警告音機能など安全対策が盛り込まれている。

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン
ホップアップ調整用ダイヤルを兼ねたフロントサイト下のガスレギュレーター。工具を使わずに調整ができる

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン
ボルトはホールドオープンでき、レシーバー右側のボルトキャッチを押すとボルトが前進、閉鎖できる

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン
ショルダーレストを上げてフタを開けるとバッテリーコンパートメントにアクセスできる。ストックは実銃と同じ木製

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン
左側に残弾確認孔と白文字のインジケーターが設けられたボックスマガジン。装弾数は90発。残弾がなくなると作動が停止する機能が搭載されている

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン
付属のコントローラーで各種設定ができる。セミ、フル、バーストモード(3発、5発)トリガーストローク(3段階)、AUGモード(トリガーを浅く引くとセミ、一気に深く引くとフル)などが設定できる

 

 さらに光学式センサーによる電子トリガー、150段階もの細かなホップアップ調整が可能。残弾がなくなると自動的に作動が停止する機能も追加されている。エアガンとしての実用性も高く、自衛隊ファンなら手に入れておきたい1挺だ。

 

G&Gアーマメント Type 64BR 電動ガン

 


 

G&Gアーマメント
Type 64BR 電動ガン

 

DATA

  • 全長:990mm
  • 重量:4,040g
  • 装弾数:90発
  • 価格:¥114,400
  • お問い合わせ先:G&G JAPAN

 

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2023年1月号 P.64~65をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事