タクティカル×シューティングを意識したオリジナルデザイン「東京マルイ ハイキャパシリーズ」

 

エアガンとしての機能性や実射性能に特化

 

東京マルイ Hi-CAPA Series

 

 東京マルイが生み出した傑作銃を語るに欠かせないのがハイキャパシリーズだ。通常のガバメントモデルより装弾数の多いマガジン、樹脂製グリップと金属製シャーシを組み合わせたフレーム構成が特徴であり、2004年に発売されて以来、多くのユーザーから支持され続けている。

 

東京マルイ ハイキャパ5.1 ガバメントモデル ガスブローバックガン
▲ハイキャパ5.1 ガバメントモデル ガスブローバックガン

 

 そのデザインはガバメントの血筋を感じさせつつも、タクティカルとシューティングの要素を取り込むことで完全にオリジナルなデザインへと昇華させている。そのデザイン性により、リアルさよりもエアガンとしての機能性や実射性能に特化して設計。大容量のマガジンによるスピーディーで安定したブローバックアクション、電動ガンに匹敵する命中精度、優れた耐久性を実現して多くのユーザーを唸らせた。

 

東京マルイ ハイキャパ5.1 ガバメントモデル ガスブローバックガン
アウターバレルにはクロームメッキ仕上げを採用。リコイルスプリングガイドはガバメントカスタムでよく見られるフルレングスタイプになっている

 

東京マルイ ハイキャパ5.1 ガバメントモデル ガスブローバックガン
サムセーフティはアンビ仕様。トリガーやトリガーガードには滑り止め加工が施されているのもポイント。各パーツが使いやすく洗練されている

 

東京マルイ ハイキャパ5.1 ガバメントモデル ガスブローバックガン
上下左右に調整が可能なリアサイト。スライド上部には溝を刻むことで反射を防止し、より的確なサイティングが可能になっている

 

 その後、全長を短くすることで取り回しやすくなったハイキャパ4.3、よりシューティングに特化したゴールドマッチなどバリエーションを拡大し、現在最新のD.O.Rを加えたハイキャパシリーズを形成している。

 

東京マルイ ハイキャパD.O.R ガスブローバックガン
▲ハイキャパD.O.R ガスブローバックガン

 

東京マルイ ハイキャパD.O.R ガスブローバックガン
スライドを引きやすいように前面にセレーションが施されている。フロントサイトは断面が四角ではなくラウンドトップのユニークな形状だ

 

東京マルイ ハイキャパD.O.R ガスブローバックガン
リアサイトを外すことで同社のマイクロプロサイトをダイレクトに搭載可能。マウント方法はスライドに直付けするLoと、付属のバックアップサイト付ハイマウントベースを用いたHiの2種類からセレクトできる

 

東京マルイ ハイキャパD.O.R ガスブローバックガン
スライドトップには「スリーボールラディウスカット」が施されている。ホワイトドット入りロープロファイル・フロントサイトは視認性が高く、狙いがつけやすい

 

 シリーズを構成するモデルはいずれもエアガンならではの設計であり、様々なユーザーに愛用され続けている。

 


 

東京マルイ
Hi-CAPA Series

 

DATA

ハイキャパ5.1 ガバメントモデル ガスブローバックガン

  • 全長:222mm
  • 重量:894g
  • 装弾数:31発
  • 価格:¥16,280

 

ハイキャパD.O.R ガスブローバックガン

  • 全長:220mm
  • 重量:839g
  • 装弾数:31発
  • 価格:¥17,380

 

 

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2023年4月号に掲載されたものです。

 

※当サイトで掲示している情報、文章、及び画像等の著作権は、当社及び権利を持つ情報提供者に帰属します。無断転載・複製などは著作権法違反(複製権、公衆送信権の侵害)に当たり、法令により罰せられることがございますので、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事

×
×