その他

2021/09/26

【初心者必見】知っておきたい「ガス缶」のイロハ&ガス缶ピックアップ

 

ガス缶って何が違うの? 素朴な疑問を解説!!

 

 「撃って楽しい」エアガンと言えば、何をおいてもガスブローバックガンが挙がるだろう。軽快なブローバックアクションと使い心地で映画の主人公のような気分が味わえるハンドガン、リアルな操作と重厚なリコイルが癖になるライフル……どちらも非常に魅力的だ。あるいは、サバゲーウェポンに最適の固定スライドガスガンというのも捨てがたい。そんなガスガンを撃つのに必要なのがエアガン用のガス缶だ。各メーカーから様々な種類が発売されているが、違いがわからなくて何を選べばいいか迷ってしまう人も多いのではないだろうか。そこで今回は、ガス選びの指針となるべくエアガン用ガス缶のレビューをお届けしよう。

 


 

エアガン用ガスの種類

 

 意外と知られていないことだが、市販されているエアガン用ガスに使われているガスはすべて同じものではない。現在では大きく分けて3種類のガスが使用されており、そこからメーカーごとに細かな成分が変わっていたりする。まずはその3種類のガスについて説明しよう。

 

  • HFC134a

 

 現在のエアガン用ガスで主流となっているのがHFC134aだ。
 こちらは不燃性のガスとなっており安全性が高い。さらに冷えに強く、フルオートでの射撃などでも安定して動作してくれる。さらにゴム類を腐食させない特徴があり、マガジンに使用されているパッキンを痛める心配もない
 これだけ並べるとエアガン用ガスの決定版のように思えるが、地球温暖化効果が強い代替フロンガスの1種であることから年々使用を削減するよう国に求められており、その影響で近年値上がりする傾向にある。経済的/環境的な面では他のガスに劣ると言える。

 

  • HFC152a

 

 HFC134aに次いでガスガンに使われているのがHFC152aだ。
 こちらは温室化効果が弱く、そのおかげもあって安価なのが最大の売りだ。しかしながら、可燃性のガスのため使用や保管の際には注意が必要だ。また冷えに弱いので、気温の低い時期は動作性が下がってしまう。長所と短所がはっきりしているが、その値段はガスブローバックライフルなどのガス消費が激しいエアガンを愛用するユーザーには非常に魅力的。

 

  • HFO1234ze

 

 近年新たに開発されたガスがHFO1234zeだ。
 温室化効果が非常に弱いのが特徴で、さらに難燃性なので安全性も高い比較的冷えに強いのも注目ポイントだ。使用法や動作自体は他のガスと同様なので、気軽に今まで使ってきたエアガンに使用できる。
 だが、新開発なだけあって値段は他のガスより高めになっている。今後に注目のガスだろう。

 


 

厳選オススメ! ガス缶ピックアップ

※オープン価格の商品については実勢価格を表記しています

※内容量のg・ml表記については、各商品のメーカー公式表記に基づいています

 

東京マルイ
NEWガンパワーHFC134aガス 400g

 

 

 

 誰もが一度は目にしたことがある青色の缶が目印の、東京マルイ謹製ガス。
 HFC134aガスを使用していることで、ハンドガンならオールシーズン使えるくらい安定した動作性を実現している。持ち運びに便利な250g入り小サイズ(¥1,650)もあり、幅広い用途に対応できる。どのガスを買えばいいかわからないときは、ひとまずこのガスを買えば問題ない。それほど優れたガスだ。

 

 


 

ライラクス
ハイバレットガス 460ml HFC152a

 

 

 

 エアガン用カスタムパーツや装備品のメーカーとして知られるライラクスが販売するガス。
 HFC152aガスを使用し、リーズナブルな価格を実現。大容量のパッケージと合わさり、優れたコストパフォーマンスを誇る。現在はHFC134aを利用した後継ガスへと役目を譲りつつあるものの、多くのガスガンユーザーに親しまれた名品だ。

 

 



フジカンパニー
ウッドランドBBガス 500g HFC134a

 

 

 

 エアガン・モデルガンの卸売りで知られるフジカンパニーが自社ブランドで製作したガス。
 東京マルイのNEWガンパワーと同じHFC134aを使用しているので、動作性・安全性は折り紙付き。そのうえ500gの大容量容器入りなので、これ1本でガンガンサバゲーに使っていける。近年パッケージがリニューアルされ、注入ノズルが延長されたことでバルブ位置が深いガスガンにも使いやすくなった。多くのトイガンを扱い続けてきたフジカンパニーらしい、ユーザーフレンドリーな逸品となっている。

 

 



S&T 
ダンガン ハイパーガス 200ml HFO1234ze + LPG

 

 

  • 価格:¥1,540
  • お問い合わせ先:UFC

 

 安価・軽量なサバゲー向きモデルから高級なハイエンドモデルまで、幅広いエアガンを製作するS&Tから発売された最新のガス。
 環境への負担が少ないHFO1234zeに独自の成分を配合。エコなだけでなく、冷えにも強いので思いっきり連射していける。戦車砲の弾のような外観の容器もユニーク。コンパクトなのでサバゲーだけでなく最近流行りのシューティングマッチにも持って行きやすい、新世代のガスだ。

 

 


 

 今回は編集部が厳選したエアガン用ガスを紹介したが、今回紹介した以外にもたくさんのガスが販売されている。サイドアームだけに装備したり、メインアーム・サイドアームすべてガスガンで揃えたり…と、ユーザーごとにガスガンの使い方も様々だ。一番いいのは、値段や性能…自分なりの"こだわり"に基づいてガスを選べること。この記事がその一助になれば幸いだ。それでは、よいガスガンライフを…。

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事