折り畳みストックのM2カービン「M2パラトルーパー」

 

折りたたみ仕様のストックをリアルに再現

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン

 

 キングアームズは海外メーカーとしては初めてM2カービンをガスブローバックガンで製品化した。M2パラトルーパーはそのバリエーションモデルで、折りたたみストック仕様となっている。
 M2カービンは第二次世界大戦でアメリカの制式採用小銃となったM1カービンにセミ・フル切り替え可能なセレクターレバーが追加されたモデルで、現在のPDW(パーソナル・ディフェンス・ウェポン)的なキャラクターを持っていた。M1カービンは当初は後方部隊向けだったが、後に下士官用として使われ、朝鮮戦争後は自衛隊でも使われている。このM2パラトルーパーではストックの折り畳み機能がリアルに再現されている。

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
パラトルーパーに装着されているワイヤータイプのフォールディングストック。バットプレートは左側に折り畳んだ際に倒れるようになっている。ストックを折り畳んだ状態でも射撃可能だ。ロックボタンのようなものは付いておらず、ストックを軽く叩くようにして展開・収納する

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
ピストルグリップには左側にオフセットされたスリングスイベルが付属。ピストルグリップはお世辞にも握りやすいとはいえない

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
セミ・フル切り替え可能なM2カービンはレシーバー左側にセレクターレバーが設けられている。前に倒すとフルオート、後に倒すとセミオートとなる

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
ボルトを閉鎖状態からホールドオープン状態にしたところ。オペレーティングハンドルはボルトと一緒に前後動する。ボルトのロータリー機能はオミットされ、実銃に比べてストロークがやや短く設定されている

 

 また今回のM2カービンは実銃同様にハンマーを内蔵するなどガスブローバックガンならではのギミックも搭載。シンプルなレシーバー内部の構造を研究してみるのも面白い。

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
ストックからレシーバーを取り出したところ。レシーバー左側にあるセレクターレバーはアームを介してディスコネクターをコントロールしている

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
実銃同様にレシーバー内にはハンマーが内蔵されており、ノッカーなどのガスブローバックガン特有のパーツが追加されているものの構造はシンプルだ

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン
ボルトとあわせて前後動するオペレーティングハンドルにリコイルスプリングが装着されている

 

 ボルトはロータリーボルトを採用している実銃のようには回転せずストロークもやや短いものの、オペレーティングハンドルとともに軽快かつスピーディーにブローバックする。時代を感じさせるワイヤータイプのストックとも相まって、ハンドリングしやすいM1カービンの魅力を十二分に体感できるだろう。

 

キングアームズ M2パラトルーパー ガスブローバックガン

 


 

キングアームズ
M2パラトルーパー ガスブローバックガン

 

DATA

  • 全長:660mm/920mm(ストック伸長時)
  • 重量:2,720g
  • 装弾数:35発
  • 価格:¥62,480
  • お問い合わせ先:UFC e-mail:wholesale@ufc-web.com

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部
MODEL:八木奈々
PHOTO:須田壱
HAIR & MAKE UP:狩野絵梨奈
撮影協力:F2プラント

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年11月号 P.84~87より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事