SIGオートの初期モデル「SIG P220 IC アーリーHW ガスブローバックガン」

 

SIGオートを語る上で欠かせない初期市販モデル

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン

 

 SIGオート、中でもP220/226系好きには堪らないP220アーリーモデル。このシリーズの元祖であり、始まりのモデルである。
 その最大の特徴はスライドがプレス加工で作られていることだ。強度を保つために入れられた溝や丸みを帯びたデザインはプレススライドの特徴としてこのモデルの個性を放っている。マガジンキャッチこそ旧式なボトム(ヒールマウント)タイプだが、当時としては先進的だったデコッキングシステムやティルトバレル方式を採用している。またバレルブッシング部分は溶接され、ブリーチブロックは取り外し可能でピン留めされている。

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン

 

ズッシリ重いヘビーウエイトの最新仕様で再現

 

 タナカはそんなP220のアーリーモデルをガスブローバックで発売する。しかもスライド、フレーム共にヘビーウエイト樹脂を使用することで、実銃のアーリーモデルの重量を超える890gを実現している。

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン
アーリーモデルのプレススライドは強い丸みを帯びているのが特徴

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン
スライド上面にはプレス製ならではの溝があり、見分ける1つのポイントとなっている

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン
トリガーもソリッドではなく裏側がえぐられたタイプで、セレーション入り

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン
チャンバー部はぴったりとスライドにハマり、完全にロックされているように見える

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン
刻印はスイス刻印。スイス組み立てを表すフランス語とスイスプルーフが打たれている

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン
ホワイトドット入りのリアサイト。フロントのドットと合わせる2ドットシステム

 

 手にすると驚くほどズッシリとしていて重い。これは感動だ。当然その反動も重厚なものになっている。タナカのP220/226シリーズはガスブローバックでもモデルガンでも、さまざまなバリエーションが作られ、ますます充実していっている。そんなシリーズを語る上では欠かせない初期の市販モデル、ぜひコレクションに加えたい。

 

タナカ SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン

 


 

タナカ
SIG P220 IC アーリーヘビーウエイト ガスブローバックガン

 

DATA

  • 全長:208mm
  • 全高:141mm
  • 全幅:36mm
  • 重量:890g
  • 装弾数:20発
  • 価格:¥29,480(10月中頃発売予定)
  • お問い合わせ先:タナカ

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部
MODEL:八木奈々
PHOTO:須田壱
HAIR & MAKE UP:狩野絵梨奈
撮影協力:F2プラント

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年11月号 P.96より加筆・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事