2022年最新の電子トリガーを搭載!!「ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン」

 

M-LOK+SSS.Ⅲシステム

 

 ICSエアソフトのオリジナル電動ガンCXPシリーズはスタイリッシュな外観と使い勝手のよさ、実射性能の高さから日本でも愛用者が多い。そんなCXPシリーズのニューモデル「MARS.Ⅱ」が登場する。

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン

 

人気のMARSシリーズがグレードアップ!!

 

 ラインアップはフルレングスのDMR、今回紹介するミッドレングスのカービン、ショートレングスのコモドジュニアの3機種。MARSシリーズをベースにタイプごとに長さの異なるM-LOKハンドガードと3種類のストックを装着。さらにMOSFET搭載モデルに加えて同社の誇る最新の電子トリガーシステム「SSS.Ⅲ」を搭載したモデルが用意されている(日本仕様はSSS.Ⅲバージョンのみ)。

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
スクエア断面が特徴のMARSシリーズのアッパー/ロアレシーバー。マガジンキャッチはアンビタイプとなっている

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
アッパー/ロアレシーバーはARらしさを保ちつつ独自のデザインセンスが光る。チャージングハンドルはアンビタイプ

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
新たに採用された長さ13インチのM-LOKハンドガードは見た目にもカッコよくスリムでホールドしやすい

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
マズルには新設計のBLASTERフラッシュハイダーが標準装備されており、心地よい乾いた発射音が楽しめる

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
アングルが20°に設定されたバーチカルアングルのグリップ。グリップボトムは簡単に外せるのでモーターのメンテナンスがしやすい

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
大容量のバッテリーに対応した新設計のERGOタクティカルストック。バットプレートを外すとバッテリーコンパートメントにアクセスできる

 

新たなトリガーシステムで、弱点克服のみならず大きく進化!

 

 特徴はこれだけではない。セレクターをセーフに切り替えるとピストンリリースされ、マガジンを抜かずにセミオートに切り替えると初弾がダブルフィードされてしまうのが従来モデルの弱点だった。そこで、独立したピストンリリース用のセレクターポジションを新たに設置。弱点を解消することに成功した。さらにSSS.Ⅲモデル限定としてフルオートポジションでトリガーを引き続けるとフル、ちょい引きすれば3バーストになるスマートトリガー、ショートストロークトリガーを採用。

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
セレクターレバーはアンビタイプ。SSS.Ⅲバージョンにはコンペティションスタイルのフラットトリガーが装着されている

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
ICSエアソフトの電動ガンの代名詞である上下分割式のスプリットギアボックスはメンテナンスやチューニングしやすい

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
MARS.Ⅱからセレクターレバーをセーフの位置より少し持ち上げるとピストンがリリースされるモードが追加された

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
内径6.03mmのインナーバレルに加えてSSS.Ⅲバージョンには高い命中精度が得られるMasterホップテンショナーノブが採用されている

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン
電子トリガーシステムとショートストロークトリガーによりシャープなトリガーのフィーリングを実現している。本体の剛性感も申し分ない

 

 ICSエアソフトとMaster Modsとのコラボによる内部パーツも搭載され、実用性はもちろん実射性能も大幅にアップしている。まさにカスタムガン並みのスペックを有するMARS.ⅡはICSエアソフトのフラッグシップモデルに相応しい完成度となっている。

 

ICSエアソフト CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン

 


 

ICSエアソフト
CXP-MARS.Ⅱカービン 電動ガン

 

DATA

  • 全長:872mm/946mm(ストック伸長時)
  • 重量:3,020g
  • 装弾数:300発
  • 価格:オープン(各タイプともに日本仕様はSSS.Ⅲのみ、2022年4月発売予定)
  • お問い合わせ先:ICSエアソフト

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2022年5月号 P.96~97をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事

×
×