オールブラック仕様URG-Iエアガンが登場!!「東京マルイ URG-I 11.5インチ ブラックモデル 次世代電動ガン」

 

特殊部隊採用モデルとは違うオールブラックモデル

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル

 

 SOPMOD M4、CQB-R、HK416シリーズ、Mk18 MOD.1に続いて最新の「ブロック3」仕様のURG-Iを再現するなど、東京マルイはアメリカ軍特殊部隊が採用するM4カービンを次世代電動ガンで再現してきた。
 今回リリースされる11.5インチブラックモデルはアメリカ軍特殊部隊での使用実績はないものの、ガイズリーオートマチックのSMRハンドガードは定番化しており、軍・法執行機関系の特殊部隊に限らず民間系のオペレーターの装備とも合わせやすい。11.5インチのバレル長も昨今のトレンドとマッチしており、最新の光学機器と組み合わせても違和感がない。

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

専用パーツの採用で精悍なブラックに統一

 

 装着されているパーツ類は先に発売された11.5インチモデルを踏襲している。シュアファイア4プロングタイプフラッシュハイダー、ブラック仕上げのKACタイプ・フリップアップフロントサイト、DDタイプURG-I専用ガスブロック、エアボーンチャージングハンドル、MATECH/BUISタイプリアサイト、マグプルSTRタイプストックが採用されている。次世代電動ガンなので実銃さながらのリコイルショックが体感でき、電動ガンシリーズ随一の実射性能の高さもポイントの一つだ。

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
11.5インチミッドレングスバレル(ガバメントバレル)にはシュアファイア4プロングタイプ(通称SF4P)フラッシュハイダーが装着されている

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
10.5インチサイズのガイズリータイプSMR(スーパー・モジュラー・レール)MK16 M-LOKハンドガードは短すぎず長すぎない絶妙なサイズだ

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
ベースガンはコルト刻印のSOPMOD M4。シュート&リコイルエンジン、全弾撃つと作動が停止するオートストップ機能を搭載

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
KACタイプのフリップアップフロントサイトもブラック仕上げとなった

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
MATECH/BUISタイプリアサイトは実物同様にブレードが倒立でき、左右の微調整が可能

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
URG-Iの特徴のひとつであるアンビタイプの「DDCエアボーンタイプ」チャージングハンドル(通称ACH)もブラック仕上げとなった

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
ブラック仕上げになったマグプルSTRタイプのストック。長さは6段階に調整できる

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
SOPMODバッテリーに対応したバッテリーカバー(写真左)とリアルな形状を再現したダミーストレージカバー(写真右)が付属する

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル
チャージングハンドルを引くとダミーボルトが後退、ホップアップ調整用ダイヤルが現れる。ダミーボルトはBB弾の発射と同時に前後動する

 

カラーバリエーションによってURG-Iがますます魅力的に!

 

 ブラックカラーになったことで装備の選択肢が増えただけではなく、11.5インチバレル+10.5インチハンドガードの組み合わせにより取り回しやすさとアクセサリー類のセットアップがしやすくなり、SOPMOD M4やHK416D以上にオールラウンドに使えるM4カービンといっても過言ではない。しばらくは2カラーバリエーションとなったURG-Iの時代が続きそうだ。

 

東京マルイ 次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル

 


 

東京マルイ
次世代電動ガン URG-I 11.5インチ ブラックモデル

 

DATA

  • 全長:750mm/825mm(ストック伸長時)
  • 全高:220mm
  • 全幅:69mm
  • 重量:3,150g(空マガジン、バッテリー含む)
  • 装弾数:82発
  • 価格:¥76,780(発売時期未定)
  • お問い合わせ先:東京マルイ

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部
MODEL:椎名糸(Ito Shiina)
PHOTO:須田壱
HAIR & MAKE UP:伊達美紀
撮影協力:東京サバゲパーク

 

この記事は月刊アームズマガジン2022年11月号 P.74~75をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事