【実銃】トルコ製の挑戦的なサブマシンガン「UTAS UT9-M MINI」

 

 トルコの銃器メーカー、UTASはアメリカの大手銃器メーカーのOEMで培った技術を活かし、AR15のメカニズムを継承したサブマシンガンを完成させた。果たしてその実力はいかがなものだろうか。今回はその実銃について解説したレポートを公開しよう。

 

 

海外の狩猟事情

 

 銃規制の厳しい日本にいれば想像もつかないことだが、銃の所持というのは多くの国で意外なほど簡単に許可されている。特に銃を使った狩猟というのは、日本でいえば釣りぐらいの感覚でカジュアルに行なわれている。盛んな地域のスーパーでは、他の商品と並んで散弾銃などの弾が売られている。場所によっては、手軽な価格の散弾銃そのものまで買えてしまうのだ。

 そうした事情が示す通り、散弾銃というのは(申請から許可を得るまでに時間のかかるピストルやサービスライフルと比べ)簡単に所持・購入することができる。簡単に買えるということはつまり、メーカーにとっても売りやすいということで、そういった点からかトルコの銃器メーカーは大量に散弾銃を製造している。今回紹介するUTASというメーカーは早くからアメリカの銃器メーカーのOEMを担当したり、時には共同で開発を行なったりと精力的に活動してきた、正統派のブランドだ。彼らはショットガン、UTS-15を発表。またそれだけでなく、AR15のクローンも数多くラインアップしている。その種類は.223レミントン対応から.308ウィンチェスター対応まで様々だが、今回はその中でも9mm対応のSMGタイプであるUT9-M MINIを紹介する。

 

 

UTAS UT9-M MINI

  • 使用弾:9mm×19
  • 全長:322mm(フラッシュハイダー含まず)
  • バレル長:155mm
  • 重量:1,350g
  • 装弾数:33発

 

 UT9-M MINIはAR15のインターフェースを踏襲しつつ、専用設計のレシーバーを持つ意欲作だ。9mm口径であることから作動方式はシンプルブローバックとし、ストックパイプ内のリコイルバッファーを廃止している。それに合わせてボルトは重量のあるものへと変更された。リコイルスプリングに繋がるバッファーはラバー製で、これのおかげでリコイルがかなり軽減されている。ボルトとリコイルスプリングがレシーバー内に収まっているおかげで、ストックパイプ内は完全にフリーとなった。そのため、折り畳みストックやストックなしでの運用も問題なくこなせる、自由度の高い設計となっている。

 この通りAR15とは別物のシステムとなっているのだが、チャージングハンドルやトリガー、ハンマーはAR15のものをそのまま採用している。これにはAR15の操作に慣れているユーザーが戸惑わずに使用できるのと、製造コストが削減できるというメリットがある。マガジンがグロックのものを流用できることも合わせて、商業的なことまでしっかり考えて設計されているようだ。しかしセレクターはアンビとするなど、ユーザビリティも抜かりなく追求されている。

 

バッファーチューブが必要ないため、フォールディングストックなども選択できる。純正ではAR15用のストックパイプが付属するが、好みで交換可能だ

 

9mm口径らしくエジェクションポートは小型化している(ハンドガンと比べれば充分大きいが)。後部にはAR15同様にケースディフレクターが付く

 

ハンマー・トリガーユニットはAR15のもの。9mm弾仕様なので厚めのエキストラクターがレシーバーに設けられている

 

AR15のようなバッファーはないので、ストックがボルトでレシーバーに固定されている

 

マガジンはグロック17用以上のサイズが推奨されている。付属するマガジンのキャパシティは33発

 

 この実銃の実射の様子は月刊アームズマガジン2022年11月号に掲載されている。気になる方はそちらも併せてご覧頂ければ幸いだ。

 

Special Thanks to Le cercle de tir de Wissous:https://www.youtube.com/c/LecercledetirdeWissous/featured
Photo&Text:櫻井朋成(Tomonari Sakurai)

 

この記事は月刊アームズマガジン2022年11月号 P.206~213をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事