【速報】東京マルイ新製品公開&編集部が解説【マルフェス ONLINE pt.8】

 

 

 11月18日(金)夜に行なわれた「マルフェス ONLINE pt.8」にて、東京マルイの次期新製品が発表された。今回は新製品について現時点で分かる情報をまとめ、編集部から解説を加える。

 

 


 

東京マルイ

BBエアーリボルバー PROシリーズ

コルトSAA.45 4-3/4インチシビリアン

 

 

 2022年4月16日、BBエアーリボルバーPROシリーズとして東京マルイはコルトSAA.45 5-1/2インチアーティラリーをリリース。ありそうでなかった対象年齢10歳以上のSAAエアガンが登場し、エアガンユーザーを沸かせた。

 そのBBエアーリボルバーPROシリーズの新製品として、今回はSAAのセカンドジェネレーションモデルをベースに、バレル長を4-3/4inchとしたシビリアンモデルを新製品として発表した。SAAのバレルバリエーションの中で、最も知られているモデルだ。

 

グリップはウッドグリップタイプ。プラスチック素材をベースに塗装で質感を再現

 

SAA.45 5-1/2インチアーティラリーと共通の.45ロングコルト弾を使用

 

 グリップなど細かい部分をシビリアン仕様とし、その他はSAA.45 5-1/2インチアーティラリーを踏襲している。

 


 

東京マルイ

BIOHAZARD RE:4コラボモデル

ガスブローバック

SG-09R

 

 

 突如、東京マルイの動画内で始まった『BIOHAZARD RE:4』のPVの後に紹介されたのは、バイオハザードコラボモデル第18弾、ガスブローバックのSG-09Rだ。

 この銃は作中の登場人物、レオン・S・ケネディの使用する銃であり、H&K USPをベースにしたカスタムモデルとなる。銃口部に専用のコンペンセイターが装着され、グリップは握りやすさとデザイン性を両立させたオリジナルデザインだ。フレームには20mmレールを標準装備し、各種アクセサリーを着装可能。

 

銃口部に専用のコンペンセイターが装着され、フレームのアンダーレールは20mm幅となった

 

グリップ前面にフィンガーチャンネルが追加されたオリジナルデザインのグリップ。握った感触は「USPほど張りはなく、HK45ほどスリムではない印象」​​​​​​とのこと。ゲームの時代背景を鑑みて、過渡期のデザインを採用している。

 

グリップ左側にはシリアルナンバープレートが嵌め込まれている。亜鉛ダイキャストのプレートに製品共通の刻印が刻まれている

 

マガジンはUSPと共通

 

パッケージは縦型デザイン

 

開けると中には縦に収納されたハンドガンと2本のマガジン。この製品ではマガジンが2本付属する

 

 発売予定日は『BIOHAZARD RE:4』の発売日に合わせ、2022年3月24日に発売予定。完全限定製品なので気になる方は見逃すことができないだろう。

 マルフェスONLINE pt.8で発表された新製品は以上になるが、マルフェスONLINE pt.9の開催を来年1月中旬~下旬に予定し、新製品の発表の準備を進めているとのこと。今後の新製品の発表が待ち遠しい。

 

TEXT:アームズマガジン編集部

Twitter

RELATED NEWS 関連記事