GEISSELEハンドガードを装着したURG-I「GEISSELE URG-I B.R.S.S.」【アサルトライフルエアガン3選】

 

 毎月たくさんのエアガンがリリースされており、その中でも軍や特殊部隊で採用されているアサルトライフルを再現したエアガンも数多くある。ではその中でも2021年現在、注目するべきアサルトライフルエアガンはどれだろうか?

 今回はそれを3つ絞り込んでご紹介する。

 

 


 

SOPMOD BLOCK3の特徴である
13.5インチSMR M-LOKハンドガードをリアルに再現

 

 

 実銃さながらのハードなリコイルショックが体感できるB.R.S.S.(ボルト・リコイル・ショック・システム)が搭載されたBOLTエアソフトの電動ガンにSOPMOD BLOCK3で採用されているガイズリー(GEISSELE)オートマチックのハンドガード「13.5インチSMR(スーパー・モジュラー・レール)M-LOK」が装着されたモデルが登場する。BOLTエアソフトの電動ガンはオーソドックスなM4A1カービンに始まりSOPMODタイプ、CQB-R、HK416D、Mk18 Mod.1などアメリカ軍特殊部隊で採用されているM4カービンをモチーフに電動ガン化してきた。その流れからすると、近年アメリカ陸軍特殊部隊グリーンベレーで採用されているURG-Iが登場してもおかしくはないのだ。

 このモデルにはコルト刻印のレシーバーをベースにURG-Iの特徴であるSMRを実銃同様のガイズリーオートマチックの刻印入りで再現。そしてガイズリーオートマチックのエアボーンチャージングハンドルも同社の刻印入りとなっている。カラーはブラック、グレー、TANの3色用意されている。内部メカにはB.R.S.S.が搭載され、オリジナルストックのバットプレート内に専用バッテリーを収納する。

 

URG-Iの特徴であるガイズリーオートマチックのハンドガード「13.5インチ SMR M-LOK」。色は写真のグレーのほかにブラックとTANがある

 

ロアレシーバーには実銃同様のコルト刻印が深々と刻まれている。ワイドトリガーガードはナイツタイプがチョイスされている

 

ダミーボルトを後退させるとロータリー式ホップチャンバーが現れる。ダミーボルトは発射と同時に前後動する

 

リアルな刻印が入ったガイズリーのエアボーンチャージングハンドルはラッチ部分が大きく、左右どちらからでも操作できる

 

リアサイトはナイツタイプ300mフリップアップタイプが装着されている

 

ミニマリストデザインのBOLTエアソフトオリジナルストック。大きめのストックリリースレバーは操作しやすい

 

グリップはミリタリーモデルらしくA2タイプが付属

 

マガジンはPMAGスタイルのポリマーマガジン(シースルーブラック、装弾数140発)が付属。BK/TANにはそれぞれBK/TANのPMAGマガジンが付属

 

 実射すると、BB弾が発射されるたびにヘビーなリコイルショックがガツガツと肩を襲うBOLTエアソフトらしい撃ち味。しっかり構えないとフルオートで撃つとコントロールするのが難しいほどだ。SMRは各種アクセサリーのセットアップがしやすくM-LOKなので汎用性も高い。好みやシチュエーションにあわせてカスタマイズできる。
 必要にして充分な機能が備わったこのモデルは、BOLTエアソフトのスタンダードになる予感がする。

 

 

 


 

BOLTエアソフト
GEISSELE URG-I B.R.S.S.

 

DATA

  • 全長:820mm/900mm(ストック伸長時)
  • 重量:2,960g
  • 装弾数:140発
  • 価格:ブラック、グレー、TANともに¥65,780
  • お問い合わせ先:セキトーBOLTエアソフトジャパン

 

TEXT:毛野ブースカ

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年10月号 P.62~63より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事