どのストックが構えやすい? ライフルストック6選比較!!

 

どのストックが構えやすい?

 

 M4カービンの人気に比例して市場には様々なストックが流通している。一見するとどれも同じように見えるが、形状の違いによって構えやすさや狙いやすさが変わってくる。ここでは代表的なM4 カービン用ストックとボルトアクションライフル用ストックをピックアップ。形状の違いによるライフルストックのメリットとデメリットを解説する。

 


 

M16A2タイプ固定ストック

 

 

  • メリット

頬付けできてしっかり狙える
ストックを伸び縮みさせる煩わしさがない

 

  • デメリット

縮められないのでコンパクトにできない
薄く構えるのに向いていない

 

肩付けと頬付けがしっかりできているが、前後の長さが調整できない

 


 

東京マルイトランスフォームストック(コンベックス)

 

 

  • メリット

素早く構えられる
銃口を上下に動かしやすい

 

  • デメリット

頬付けがやや甘く精密射撃には向いていない
しっかり肩付けしにくい

 

銃が高い位置に来るので素早く構えやすく銃口を上下に動かしやすい

 


 

東京マルイトランスフォームストック(コンケイブ)

 

 

  • メリット

しっかり肩付けできる(身体に密着させられる)
精密射撃に適している

 

  • デメリット

薄く構えるのに向いていない
レディポジションによっては素早く構えにくい

 

肩付けと頬付けができて長さも調整できる

 


 

フリーダムアートM4パトリオットHC用
オフセットジョイント+SI VIPERストック

 

 

  • メリット

ドットサイトやスコープが低くマウントできる
フルフェイスゴーグルをしていても構えやすい

 

  • デメリット

頬付けがやや甘く精密射撃には向いていない
ストックの種類によっては肩付けしにくい

 

ストックの位置が下がることでドットサイトやスコープを低くマウントできる

 


 

東京マルイVSR-10用ストック

 

 

  • メリット

頬付けできてしっかり狙える
ストックを伸び縮みさせる煩わしさがない

 

  • デメリット

縮められないのでコンパクトにできない
レディポジションによっては素早く構えにくい

 

肩付けと頬付けがしっかりできており、安定したシューティングができる

 


 

東京マルイVSR-ONE用
フォールディングストック

 

 

  • メリット

折り畳んでコンパクトにできる
フルフェイスゴーグルをしていても構えやすい

 

  • デメリット

頬付けがやや甘く精密射撃には向いていない
レディポジションによっては素早く構えにくい

 

ドットサイトやスコープの種類によっては肩付けと頬付けが甘くなる

 


 

 月刊アームズマガジン2022年11月号ではより多くのストックを紹介し、そのメリット&デメリットを解説している。気になった方はそちらもチェックしていただければ幸いだ。

 

TEXT:毛野ブースカ

 

この記事は月刊アームズマガジン2022年11月号 P.60~61をもとに再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事